×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

消費者金融の審査相談、金利・融資などにご利用になる方のために、知っておきたいことを紹介しています。




消費者金融相談【金利・即日融資なんでも相談】

消費者金融について相談したい方、審査・金利・融資など知りたい情報が見つかります。消費者金融・キャッシングについて基礎知識を知っておきましょう。くれぐれも借りすぎには注意してご利用ください。




消費者金融とは

個人消費者が物品などを購入するため、銀行やそのほかの金融機関や貸付業者が資金を貸し付けることをいいます。いつでも簡単にATM・CDから手軽にお金を借りられるのが、消費者金融の便利な点ですね。金利がいろいろですが、だいたい約17%前後が一般的です。
例をあげていえば、30日間10万円を借りたときに利息が約1預金や貯金の金利が0.03%くらいと考えると、高いと感じます。
各企業によって金利は6〜28%程度と設定されているので、よく比較して金利の低い企業を選びたいものです。


消費者金融の審査とは

何が審査されるのかというと、在宅確認や在籍確認の電話だけなのです。さらに、消費者金融は個人名で電話するので、会社や家族、学生の方なら親にわかってしまうことはありませんので心配はありません。

1.住居状況
一緒に住んでいる家族や配偶者の有り無し、年齢、住居の種類のことです。未婚より既婚のほうが信用があります。未婚の場合も親と同居していると有利になります。住居は、ローン残債がない持ち家、マンションの順で、賃貸の場合は、賃貸マンション・賃貸アパートの順で有利になります。

2.就業状況
会社員の人であれば大体大丈夫ですが、勤続性の高い公務員のほうが条件的に有利とされます。さらに勤続年数が3年を超えると与信があがる傾向があります。

3.他社の借入状況
以下の内容が信用情報機関によって入手できます。基本情報は@〜Eで、特に重要になるのは借入件数、借入総額、事故情報です。

@氏名(漢字・カナ)
A生年月日
B最新登録居住地
C自宅電話番号
D勤務先名
E勤務先電話番号
F担保区分・業種区分 (無担・土地担・手形担等)(サラ金・街金・日賦等)
G貸付日・貸付金額
H現在残高・最終支払日
I次回支払予定日
J事故情報 (長期延滞:長期延滞後支払・破産等債務者申立・差押等債権者申立)


実際の審査の目的としては、借りた人が払えなくなった場合に追跡調査がどれだけできるのかを確認するために行うのです。この情報から、どれくらい回収が可能なのかで貸付の金額が決まるのです。これを与信審査といいます。


プロミス
50万円まで来店不要⇒自動審査で1秒回答当日振込!《プロミス》
「三井住友銀行グループ、プロミス」ではインターネットで24時間なんと1秒自動審査。最短30分でキャッシングの利用が可能。自動審査によってキャッシングの利用可能額がわかります。来店不要。即日融資可能。
おすすめ度:  >詳細はこちら
アットローン
最高300万円!三井住友銀行グループのアットローン
三井住友銀行グループ安心の銀行系カードローン。自動審査5秒回答。最短30分で融資。限度額は最高300万円。実質年率15〜18%。全国のコンビニや銀行などの提携ATMネットワークからご利用可能。
おすすめ度:  >詳細はこちら
モビット
≪銀行系≫10秒審査!限度額300万円、年利15.0〜18.0%
三菱東京UFJ銀行系の「モビット」は10秒スピード自動審査。ご利用限度額は300万円まで。年率15.0%〜18.0%の安心の低金利の上、即日振込も可能。安心の銀行系で人気があります。
おすすめ度:  >詳細はこちら
SBIイコール・クレジット
SBIグループなら 年率6.5%〜17.5% 限度額300万円
ソフトバンク系列のSBIイコールクレジットは、金利が安くなんと年率6.5%〜17.5%!かつ限度額300万円、最短1分で審査完了。即日融資可能。
おすすめ度:  >詳細はこちら
ノーローン
ノーローンなら1週間無利息
新生銀行グループの「ノーローン」は100万円まで1週間に何度借りても無利息。消費者金融の中でも比較的審査が甘い。24時間ネット申し込み、即日融資もあり。利用者多数。東証一部上場企業シンキ株式会社の商品なので安心してご利用できます。
おすすめ度:  >詳細はこちら